SERVICE

【重要】クロームアップデート(Chrome 68)によるワンパCMSのSSL対応について

[2018-07-10]

平素より弊社サービス及びワンパCMSをご利用頂きまして誠に有難うございます。

このたびGoogle社製WEBブラウザ「Chrome」においてアップデート(Chrome 68)が行われる予定です。
アップデート日は7月24日頃になると思われます。
ご参考)
https://www.chromestatus.com/features/schedule

今回リリースされるGoogle Chromeの新バージョン「Chrome68」では、SSLに対応していない、すべてのHTTP接続のページ(URLがhttp://で始まるページ)に警告表示をする仕様変更が含まれています。

<SSL化されている>

<SSL化されていない>

SSLとは

SSL(Secure Sockets Layer)とは、パソコンやスマートフォン等の表示端末とWEBサーバ間での通信データを暗号化してやりとりする仕組みです。昨今、インターネットで個人情報を送信することは当たり前になりましたが、第三者による攻撃から守るため、情報を暗号化して通信するセキュリティ手法が「SSL化」(SSL/TLS暗号化)です。

Chromeはトップシェアブラウザ

現在、Google Chromeは日本国内においてトップシェアのWEBブラウザです。警告表示がされてしまうことでユーザーの信頼を落とすことも考えられますので、今回のアップグレードの影響は大きいものであると想定されます。

アドデザインでの対応

Chrome68での仕様変更をうけて、ワンパCMSでは、WEBサーバのSSL対応を行うことといたしました。(※対応は無償です)
7月16日(月)から順次SSL化の対応を行い7月24日のアップデートまでに間に合わせる予定です。

SSLサーバ証明書は、無料のSSLサーバ証明書発行サービス「Let's Encrypt」またはCOMODO社のSSLサーバ証明書を採用いたします。(ご利用中のサーバによってことなります。)

※SSL化をご希望されないお客様、または個別のSSL証明書をご希望のお客様は、お手数ですが担当営業またはワンパCMSサポートセンターまでご連絡をお願いいたします。

以上

 

ARCHIVE
2018年(5件)
2017年(7件)